熊本県立農業高等学校のOBで結成された南園の匠 その名に恥じない匠な生産者が集まっております。
2017年度産直カタログも誕生。皆様へ安心と安全の熊本産商品をお届けいたします。








 
  南園の匠トップ 
  南園の匠とは?組織概要
  南園の匠ブランド方針
  南園の匠通信販売事業
  プライバシーポリシー


















 


  南園の匠 協同組合の活動を始めるにあたり・・・

ようこそ、≪南園の匠 共同組合のホームページへお立ち寄りくださいました。
南園の匠協同組合理事長、那須修一(有限会社那須ファーム代表)でございます。

近年、わが国は経済、社会環境が大きく変化しています。同時に、私たちの身のまわりもそれに伴い環境保全、食の安全、食料自給率向上など、多くの問題課題を抱えています。
そのような中で、農と食の課題を共有する熊本農業高校卒業生有志を中心に、平成20年12月に
「くまもと南園の匠協同組合」を設立しました。
私たちは、札幌農学校でクラーク博士の教えを受けられた、初代校長・河村九淵先生の建学精神「その手足を低き大地に働かし、心を高き天に置けよ」を組合の理念として、母校と農業に育まれた人的パワーを結集し、食の安全安心と農の再生に向けての取り組みを進めています。   
「南園の匠」の生産者は専業農家で、プロ農業者です。皆様に満足頂ける自信作・逸品をお届けします。
高校の同窓会を核とした農畜産物の共同販売組織は、おそらく全国初めてではないでしょうか。
私達は常日ごろから環境・食の安全・自給率向上・食育などを念頭に、消費者の視点に立って農畜産物の生産及び農産加工品づくりに取り組んで参ります。
食と農について消費者の皆様と生産者が「食べる・作る」を共有すべく交流し議論を深めていけたらと思います。
どうぞ、南園の匠協同組合にご支援、ご協力をお願いいたします。
≪南園の匠 協同組合 理事長≫  有限会社 那須ファーム 代表取締役社長 那須 修一  



  南園の匠とは・・・

くまもと南園の匠協同組合は、消費者を無視した食品偽装事件が絶えない中で、“熊本の本物”の心意気を示そうと、農業経営者及び農業関連事業を営む、熊本農業高校卒業生55名で組織しています。
南園の匠協同組合の設立趣旨は、@消費者の「食」への信頼と農業者の「農」への誇りを確保する。A地域おこしの原動力となるなど地域の活性化に貢献する。B建学精神を次代へ伝える。とし、その実現を目指しています。
また、私たちは「匠の技」が織りなす熊本のプレミアム農産物を創りだすため、「おいしい」「安全・安心度が高い」「匠の技が明確」を保証するための生産基準を取り決めブランド化を図る検討を進めています。
現在の主たる事業は、55名の組合員が生産、製造する農畜産物や農産加工品を選りすぐり「南園の匠」と銘打ち、全国の皆様へ、その商品が一番美味しい季節に直送しています。
組合全体の運営は13名の役員が当たり、管理運営を行う組合本部は、当組合の専務である、田尻恒憲 ((株)NORINプランニング代表取締役)が担当し、商品発送業務・お客様相談等を行うコールセンターは、当組合の常務である 広瀬生夫((有)熊本産直センター代表取締役)が担当しています。
どうぞよろしくお願いいたします。また、皆様のご用命をお待ち申し上げます。


≪南園の匠 協同組合 事務局≫  



≪2017年南園の匠カタログ≫匠が心を込めて作った農作物を中心に掲載したカタログ


南園の匠トップ ・ 南園の匠組織概要 ・ 南園の匠参加者名簿 ・ 南園の匠ブランド方針 ・ 南園の匠通信販売 ・ 匠ブログ